バイアグラ服用の失敗例とアムロジンOD錠は併用厳禁

バイアグラを飲んだにも関わらず、ED改善の効力が全く得られなかった、そうネット上に投稿するユーザーの方々がいます。
ED治療薬もまた普通の医薬品同様に百パーセントの絶対的な効果を約束する製品ではありません。
服用した日の体調、心理状況によっては効果が全然生じず、失敗に終わる事もあるのです。

ただ、ネット上の辛口レビューの中にはバイアグラの飲み方を間違っていたため、失敗の結果が必然的に現れているケースがあります。
例えば、バイアグラは食事を食べた直後に飲んでしまうと、食物に含有された脂質などによって作用の発現が正しく起きません。

そもそもED治療薬は食前の摂取が念入りに推奨される医薬品です。
極論すれば、食後にバイアグラを服用した時点で効果発現が失敗した事になりますますので、必ず食前に服用しましょう。
もし、食事がどうしても避けられない場合は、脂質をなるべく含まないヘルシーメニューを選びましょう。

またバイアグラには併用を固く禁じられている医薬品があります。
例えば、アムロジンOD錠は基本的にED治療薬と併用禁止です。

アムロジンOD錠は高血圧のお薬であり、血管を普段よりも拡張させる効果を持っています。
その効果はバイアグラにも見られるものであり、一日の間にアムロジンOD錠とED治療薬を並行して飲んでしまうと、いわゆる低血圧症に陥り、激しい体調不良が発生します。
バイアグラの副作用が併用によって深刻になり、酷い場合は救急車のお世話にならなければいけません。

アムロジンOD錠とED治療薬、服用する間隔が離れていれば、バイアグラの効果が減少するだけで済みますが、
併用した段階で健康被害や効果時間の短縮化が決まってしまいますので、同時服用は避けるのが得策です。